2017年3月16日木曜日

ブーフクリニック in 丹波川

0 コメント
丹波川でブーフクリニックを開催しました。
渓流釣り解禁直前の最後の丹波川を楽しんできました。
やっぱりトップの写真はこの人から。
初めての人には良く分からない人と思われがちですが
実は良く分からないんです。

基本的なこと
リーン、リード、スイープなどを説明してから
キャッチ、ボートを動かす
そしてブーフの形をおさらいです。

とりあえずブーフ会場まではさらっと下ります。
といっても要所要所でブーフしていきます。

時々課題をだしてブーフの練習です。

岩でもなんでも使ってバウを上げていきます。

この木はいつか落ちるんでしょうか・・・

水量が少なくて岩が出ていてテクニカルです。

そんな難しい流れでもしっかりとブーフしていきます。
さすがです。

バウを下げずに飛び出します。

いよいよブーフ会場に到着です。

ここで繰り返し練習です。
一番端の一番いいところを狙って踏切ります。

しっかりと水をつかんでボートを動かしていきます。
繰り返し何度も何度も練習しました。

練習後もダウンリバーはまだまだ続きます。
岩が出ているのでゆだんしないように。

核心部もしっかりとブーフ

バウが下がらないように踏切ります。

Antix試乗
女性でもばっちり良かったようです。

意外と難しい瀬
不自然に飛び出しています。

さすが!
この状態でもつかんでる。
渇水の丹波川ダウンリバーお疲れさまでした。

ブーフの実戦練習いかがでしたか?
ブーフはどれだけ基本がしっかりとできるかが問われます。
リーニング、スイープそしてキャッチ
すべてはボートを動かすために連動しています。
エディーラインなどを使って繰り返し練習してみてください。
次回は雪解けツアーでぶっ飛びましょう!


Read more...

2017年3月11日土曜日

御岳 ブーフクリニック

0 コメント
御岳でブーフクリニックを開催しました。
Antix試乗も兼ねてのレッスンとなりました。
まずはキャッチの確認から
動力をすべてボートに伝えるのがコツです。

リーニング、先行動作を確認です。
簡単そうで実は難しいリーニング
静水でしっかりと練習しておきましょう。

フェリーグライド
今回はAntix試乗ということもあり
基本動作の確認からスタートでした。

ブーフには直接関係ないですが
ボート性能を試すため
サーフィン&スピン

ボートの長さを感じさせないスピン性能

くるくる回ったところで
先に進みます。

エディーキャッチをしながら下りました。

三岩も通過
Antix乗り口があっているようですね。

ボートにも慣れたところで
このあたりからブーフクリニック開始

アプローチ
踏切り
着水
エディーラインを使って練習していきます。

昼食後はスピンから

くるくる回ります。

そしてブーフクリニック再開です。

すべてのエディーをブーフで取る!

ワンパドルでエディーの奥に入る。

エディーに入ったら着水のパドルで漕ぎぬける。
レッスンお疲れさまでした。

毎回同じラインで狙ったところにパドルを置けるように
繰り返し練習してみてください。
だんだんと自然と体が動くようになります。
次回はAntixで実践ブーフをやりに行きましょう!
お買い上げありがとうございます。

Read more...

2017年3月10日金曜日

Antix in 丹波川

0 コメント
Antixでクリークを試してみたい。
でもまだ水がなく・・・
ということで
丹波川で試してみました。
とにかくブーフがいい!
バウが下がらないどころか上がるような感じです。
この渇水の丹波川でこれだけ飛べば間違いないでしょう。

ブーフ以外でもエディーがあればスターンカット
岩があればスプラッツ
どこでもバーチカル
下りなれた丹波川ですが
まだまだ遊べる!と思わせてくれるカヤックです。

こんな小さなドロップでも立ちます。

回転性がいいので
丹波川のような岩岩なところでも
岩を簡単にかわせるので
ストレスなく下れます。
フリースタイル艇のような回転性なんです。

スターンからも。
気軽にバーチカルを狙えるのがいいですね。
クリークでのトリックのバリエーションが増えて
より楽しくなりますね。

今週の日曜日は丹波川でブーフクリニックです。
Antix試乗もできます。
ぜひぜひご参加ください。





Read more...

2017年3月9日木曜日

ブーフクリニック in 丹波川

0 コメント
丹波川でブーフクリニックを開催しました。
まずはキャッチのおさらいから。
この重さをしっかりと感じることが重要です。

リーンとリードを確認

そして大事なスイープを確認です。

水をキャッチしてボートを動かす練習

この日は水量が少なかったので
ブーフ会場まで一気に進みます。

ブーフでエディーキャッチ

だいぶ岩が出ていました。

相変わらずひっかかったまんま

ブーフを使ってラインどりしていきます。

赤壁の瀬
嫌なところに岩が出ています。

今シーズンはこのドロップの形が悪いので
さらっと通過

そしてやってきましたブーフ会場
この水量でもしっかりブーフできました。

基本は動画で撮っていたので写真が少ないのですが
何度も何度も繰り返しブーフしてきました。

後半はさらに磨きがかかって
フラット着水になってきました。
やりますね~!

一番最後のは渾身の一撃!
見ている僕も水をつかんでいるのがわかるくらい
しっかりとボートが動いていました。
この感じを忘れないように。

ブーフ会場での練習を終えても
まだまだ瀬は続きます。
浅いので油断できません。

核心部のドロップは浅いので合わせる程度
でもしっかりとパドルを合わせていきましょう。

ちょっと浅かったですが
無事に終了です。
お疲れさまでした。

しっかりと水をつかんでボートを動かす。
良くできていたと思います。
毎回同じところで同じようにブーフができるように
練習していきましょう!
次回は雪解けツアーですかね。
本番でブーフ決めましょう!

Read more...

Popular Posts