2010年9月2日木曜日

真夏の檜枝岐合宿 初のアッパーアッパーセクション編

2 コメント
前日の雨で川は増水!
こんなチャンスはめったにありません。
これを逃すわけにはいかないので
真のアッパーセクション挑むことにしました。
屏風岩をゴールにするおよそ5kmのコース。
これがどれだけハードなコースか。。。
みなさんにじっくりと味わってもらいます。
それにしてもこの光景。
とても日本のツアーとは思えないですね。
クリーク艇満載です。


出だしは緩やかな瀬を下りながらウォーミングアップ。
それにしても素晴らしい景色です。


そして最初の難関が現れます。
じっくりと時間をかけて下りましたが
実はこの瀬は軽いジャブ。
本当の檜枝岐はこの後です。


岩だらけの瀬。
これくらいの水量で調度良かったかもしれません。
雪解けシーズンは地獄絵巻に。。。


ストレーナーを避けてめちゃくちゃ狭いドロップを通過。
やはり一筋縄では行きません。


ここはすべて動画で撮ってしまったため下り終えたあとの写真。
良い瀬と良い景色。
クリークはこれだからやめられません。


なぜかバッテリーの減りが早いと思った今回は殆ど動画で撮っていました。
写真が少ないので近々動画をアップします。


出だしの初セクションおよそ3kmがとにかく長い。
焦っても仕方ないのでじっくりと攻略です。


ストレートの爽快な瀬。
これは文句なしに楽しい。


滝に打たれて修行。
しかしこの後壮絶な死闘を繰り広げていましたね。


ナイスブーフ!
しかしブレードで顔が見えなかった。
残念。


ちょっと変わったアングルで。
なかなか良いアングルです。


核心部の一つ。
これは流石に緊張が走ります。


そんな核心部へブーフしながら突入するFさんとビラン。
恐ろしい角度で飛んでます。
ここまでくるとロケットですね。


なんとか通過してほっと一息の瞬間。
この瀬はレベル高かったですね。


この瀬は本流にログがあり測流を行くことに。
本流の最後は実は凄いんですが
測流も負けていません。


それにしても今回もみなさんよく飛んでいます。
楽しいですよね。


そしていよいよ通常のアッパーコース。
水量は結構多めです。


しかしここからはストレスなく快適に下れます。
気持ちイイ瀬が連続していきます。


ビランは本当に気持よさそうに飛んでいきます。
やはりこれからはクリーク艇の時代でしょうか。


飛び出せブーフコンテスト。
よく飛んでいます。


通常アッパーの核心その2。
ここはなかなか難しかったですね。


瞬間過ぎてボケボケの写真になってしまいました。
難しい。。。


そしてゴール屏風岩。
感動のバンザイ滝落ち。


そして本当に最後の瀬。


参加者の皆さんがひとつになった瞬間です。
チームクラスファイブ檜枝岐完全制覇です。
おめでとうございます。
本当にお疲れ様でした。



最後はハイタッチでお互いを讃え合いました。
それだけ凄い内容でした。

次回の檜枝岐川ツアーは10月23日(土)~24日(日)に開催予定です。
紅葉シーズン真っ只中。
本当の黄金の1マイルを見に行きましょう!

2 コメント:

よういち さんのコメント...

二日間お世話になりました。
激しくて、楽しくて、ちょっと痛い二日間でした。

yararenger さんのコメント...

よういちさん、檜枝岐合宿お疲れ様でした。やはり檜枝岐は素晴らしかったですね。雨で増水というハプニングもあり、そのおかげで普段は下れないアッパーアッパーが下れました。超ド迫力の区間でしたね。最後は感動のゴール。これぞツアーと言う感じでした。
次は吉野川ですね。素晴らしいツアーにしましょう。

コメントを投稿

Popular Posts