2018年1月19日金曜日

2017ワールドチャンピオンシップ参戦記 その5

0 コメント
アルゼンチンの朝晩は結構涼しい
そして日中はものすごい日差しで暑い
水温は冷たいので半袖ドライだとちょっと寒い
そんな朝から記念撮影
朝日がまぶしいぜ!

日中はこんな感じで1時間に1、2回ホールに入れるかどうか。
しかもこれ全員が無双系パドラー!
※無双系パドラーとはすべての技をデカく完璧にこなし
ほとんどミスがないのでホールアウトしないパドラー
なので待ち時間が以上に長くなります。
ワールドだからしょうがないとしても
この時間帯は避けたい
ということで朝と夕方に乗ることにしました。

朝7時くらいでしょうか
意外と空いています。
これより早い時間は混んでいて
一旦減って
9時くらいからまた増え始めます。
7時はねらい目でした。

不思議な髭を生やしているニック
剃ったほうがいいのにとずっと思っていたが
もちろん言えやしない。

しかし!
ここで気が付いてしまった。
うまいやつは大体髭を生やしている!
この法則に気が付いた僕はひそかに髭をのばし始める。

K道場では毎日同じ時刻に全員そろって同じ釜の飯を喰らう。
その際に道場訓を読み上げるのだが
その一つに
一つ、セバスチャンは3時から漕いでいる
とある。
バシケンさんは実はこっそり朝3時から漕いでいた・・・
かもしれない。

ある意味無双のバシケンさん
とにかく出ない!
あの体力は本当に凄い。
そしてさらにすごいのは
これだけ有名選手がいっぱいいるのに
ほとんど知らないのである。
ニックやエミリーなど有名なジャクソンファミリーはもちろん
親のEJもわからない!
河原を歩いているおじさんを見つけては
あれってもしかしてEJですか?
と聞いてくる。
いやいや普通のおじさんじゃん!
いくらなんでもあんなお腹ではないよ。
という会話を何回したことか。
しかしそこはK道場の筆頭
セバスチャンだけは一発で見分けました。
バシケンさんいわく
何度も動画見ましたから!

そんなセバスチャンの筋肉に圧倒されて会場を去るバシケン
哀愁が漂います。

しかし、この漢のすごいのはここからなんです。

あれだけホールで練習しても
帰ると即料理開始!
さすが元寮母

アルゼンチンの野菜に驚くバシケン
パプリカがデカい!

そしてたらふく食べた後は

クズる
夕方の練習までとにかくクズって寝る!
これがアルゼンチンスタイルなのです。

Read more...

2018年1月15日月曜日

2017ワールドチャンピオンシップ参戦記 その4

0 コメント
デスロードをひたすら走り
会場だろうと思われる場所に到着
そこには?!

あった!
ホールだ!

ついに会場に到着
それにしてもすごい景色
荒野の中に川が流れていました。

日本人村発見!
漕いでないときはここで休んでいるようです。
確かに日差しがきつい!
そして日影がない!!
休むのはここしかないです。


ホールはこんな感じ
まだいいほうです。
この後どんどん人が増えてきました。

わかりづらいですがすぐ上流がダムになっています。

川をせき止めるように石を積んで作ったホールです。
ダン様は毎回同じルーティンで完璧としか言いようがないです。

さらに驚きのトムくん
めちゃくちゃうまい
ジュニアでこのうまさは凄すぎる!

よしこちゃん
着いたばっかりなのにいい動きしてます。

ビッグネームがバンバン技を出していきます。
そんな中・・・

たいしたことねーなぁ
と有名選手を全く知らないバシケンさん
稽古つけてやるぜ
とホールへ
軽く汗を流しました。

そして今回は一軒家を借りてシェアすることになっていて
その家に到着です。
閑静な住宅街です。

想像以上にオサレな家です。
まさかこの家でコントみたいな生活が始まろうとはまだ誰も知らない・・・

早速、犬とタイマンをはるバシ犬
ペロ・グランデ
ペロ・ブランコ
を連発
すぐに逃げ帰ってきたのは言うまでもない。

先に来ていた
ひとみちゃん、ミキティ、マリちゃんがウェルカムパーティーをしてくれました。
アルゼンチンは物価が高い
外食があまりおいしくない
ということで
自炊生活をしていました。
ここにきて日本食が食べれるのは心強いです。

アルゼンチンといえばやっぱり
ワイン
空港のあるメンドーサが有名ですが
大会のあるサンファンも有名です。
両方のワインを堪能
しばらくはワイン生活が始まります!

Read more...

2018年1月12日金曜日

2017 マッドケン 怒りのデスロード その3

0 コメント
だいぶあいてしまいましたがアルゼンチン話の続きです。
あの話続くんです。

アルゼンチンではレンタカーで移動していたのですが
アルゼンチンは左ハンドル
そしてレンタカーはマニュアル車ときたもんだ!
実は僕は左ハンドル初
気を付けていればそれは何とかなったのですが・・・
クラッチを踏もうとしたら
あれ?!クラッチがない!!
よく見るとブレーキのすぐそばについています。
うっかり踏むとブレーキまで踏んでしまうので
かなり慎重に踏んでました。
さらに1速とバックが同じところに!
車種によっては当たり前らしいですが
押しながら入れるなんて知らないもんで
1速が使えず
なんで使わなかったのか忘れたのですが
2速も使わず
3速で発進するという無茶苦茶な運転でスタート。
さらに空港駐車場の出口でスペイン語でいろいろと言われて
スペイン語の洗礼もうけパニック状態
もちろんワイパーも全開で振りっ切ってます。
さらに!
この国の運転はなかなか粗い!
もはや何車線なのかわからないくらい適当に走ってます。
そしてものすごいおんぼろ車が普通に走っているので
普通に道の真ん中で車が停まっています。
そんな緊張感のあるドライブの最中に
横で「うわぁ~」と謎の叫び声を出すバシケンさん
どうした?何か間違った?
と聞くと
「犬が来た~」と
車に乗っているんだから大丈夫と
まじめに答えてましたが
今思えばなんて無駄な会話なんだろう
犬が見えるたんびに叫んでいるので
本当にやめてほしい
そう思いながらこの日の宿を目指しました。

ここからは写真ありで。
宿について
まったくお金を持っていなかったので
宿のオーナーに相談して両替所を教えてもらいました。
若干怪しかったですが
とりあえず現金ゲット!
そしてオーナーに美味しい肉の店を教えてもらったので行ってみたのですが
バシケンさんはどうしてもジャンクフードが食べたいということで
ハンバーガーを食べることに
K道場ではジャンクフードはご法度なんでしょうか?

そして宿についてビールタイム
いやぁ今日はつかれた。
そして久しぶりにちゃんと寝れる!

この人も禁断の飲み物に手を出すのか!
K道場ではレッドブル以外の飲み物は飲んではいけないという掟が!
いいのか?!バシケン

朝食はフリーとのことなので
ここぞとばかりに詰め込むバシケンさん。

この車で走っているのですが
中にもう一艇カヤックが入っているので
助手席のシートは全開前
とにかく狭い

宿の前で記念撮影
後ろの絵とマッチしていてなかなかいい!
ジャパン丸出し!

ここから2時間半のドライブスタート
街中を抜けちゃえばこっちのもんだぜ!

どこまでも果てしない荒野が続きます。

もはや何もないです。

しばらく走ると検問所らしきところが
何を言っているか全くわからないので
とりあえず
国際免許証をだしてみる。

さらに進むと
廃墟みたいな家が
人が住んでいるみたいです。

たぶんブドウ畑も出てきました。
さすがワインの国

街らしくなってきて
とりあえず給油することに
どこの国でもそうですが
全くわからない
近くにいたおにーちゃんがすぱーすぱー
と言いながら近づいてきたので
言われるがままに入れてもらうことに。

ちょっと一息していると
店内に野良犬が
やたらと反応するバシケンさん

花とばしけんさん

デスロードもいよいよ終点
もうすぐ会場です。
でもこんなところに川なんてあるんでしょうか・・・

第3話にしてまだカヤックの話なし!
本当にこの二人はカヤックをしに行ったのか?!
次回 バシケン伝説
ペロ・グランデ
絶対見てくれよな!


Read more...

2018年1月10日水曜日

御岳 フリースタイルクリニック

0 コメント
御岳でフリースタイルクリニックを開催しました。
基本となるリーンやスイープを確認
地味ですがめちゃくちゃ大事です。

スターンカットの動きを確認
体重で立てるのではなく
流れを使って立てるように練習していきます。

サーフィンのおさらい

からのスピン
パドルワークは勝手に出るまでやりこみましょう!

スターンカット
ただ立てるのではなく
次の動きにつながるように練習です。

パドルは置いておくだけ
流れを使ってボートを動かします。

緩い流れでスピンの確認
一つ一つ確認しながらゆっくりやってみます。

エンダ―
これも欠かせない練習です。

サイドサーフィン
もちろんフリースタイルには欠かせない練習ですね。

最後にミソギでサーフィン
すべての体力を使いきって終了です。
お疲れさまでした。

段々立体的な動きが増えてきましたね。
立体的な動きに慣らしつつ
サーフィンやスピンのレベルアップをしていきましょう!

Read more...

Popular Posts