2011年7月1日金曜日

2011 ワールドチャンピオンシップ 参戦記 その十 Teva Big Trick

2 コメント
朝から完全に二日酔い。
この日は試合はないので朝から漕ぎに行く予定だったが
当然無理!
午前中は街をぶらぶら。
午後はコースへ。

ちっちゃいコースだなぁ~。
ホールにはまりっぱなしです。

それはさておき。
手前がニューモデル。
奥がプリングルが使っているオールドモデル。

で、試乗。

意外と待ちが少なそう(と言ってもこんなですが)なのでホールで試すことに。

あ~グイグイ!
もう少し大きいのに乗れればなぁ。
試乗艇なので文句は言えません。
そしてなんでTevaのゼッケンを付けているかというと
Teva Big Trick
に参加することにしました。
ルールは結局よくわかりませんでしたが
なんか一発ど派手な技をやればいいみたいです。
順番は28番目。
見ているとビッグループやコンボやらいろいろやってます。
パドルを投げている人もいます。
もちろんハンドでホールに捕まっているひとも。

そこで考えたのがスペースゴジラをやりながら空中でパドルを回す「スペースニンジャ」
これが見事に成功!

で、二本目。
ギリギリまで案がなかったのですが
とっさに思いついた
ループ~スウィッチウィールのコンボ

これもフラッシュしながらだがうまくいった!

日本人の意地を見せてきました。
EJとかダンとかが凄いことやっていたので
駄目だろうと上がって着替え用としていると
遠くから僕の番号を呼ぶ声が・・・

決勝進出です。
ファンイベントとはいえEJやダンと決勝の舞台に上がり
ハイタッチができたのは嬉しかったです。
決勝もスペースニンジャで決めようと思ったら失敗。
成功していたとしても

このドイツチームの3艇横(前・後ろ・前)に連結させてビールをぶちまけながらエントリーして
ループ(真ん中の人はバックループ)を決めてホールに残り
真ん中の人がホールの中でカヤックに立って
川に飛び込むという荒行をやってのけられると
もはや勝ち目はありません。
もちろん優勝です。

試合後のファンライド。
とにかくいっぱいの人がホールに入ります。
目の前でいきなり技を出してくるので
油断していると怪我します。
(スターンの黄色の原因はこいつか!)

続いて
King of Wave
ルールは対岸の崖からスタートしてウェーブを渡り
手前のウェーブの一番端に吊るしてある魚を取るという事みたいだったようです。

我らがリーダー八木選手がヤンパのおやじに「楽しいから出ろ」と誘われて出ています。

で、出ました。
ヤンパのおやじとその一味。
ラフトで登場です。
このラフト、生ごみや卵で満載です。
それを観客に投げつけてきます。
この周辺がとにかく臭い。

そしてスタート直前。

スタート。
一斉に対岸へ渡ります。

もはや水上の格闘技。
フルフェイスの人も。
余裕でスプレーはずされてます。

ヤンパ一派が出番とばかりにいろんなモノを投げつけます。
風雲たけし城を思わせる風景です。

ここでハプニング!
ラフトを止めていたロープの一本が切れ・・・

こんな状態に。
もう一本は上流の橋桁の上に結ばれているためはずせません。
ラフトはちょうどウェーブ上で停滞。
あわや大惨事となるところでした。
(写真のラフトの一番近くにいる人は逃げ道がありません!)
結局ヤンパのおやじがロープを切って終了。

終了後、僕の帰国パーティーを開いてくれました。
決勝を見れずに帰るのは残念ですが
やり遂げました。
大満足です。

応援してくださった皆様。
本当にありがとうございました。

次はNOCだそうです。
・・・
だそうです。

2 コメント:

南極3号 さんのコメント...

決勝進出ってこのことだったんですね。これはそれなりにすごいじゃないですか!日本にヤラレンジャーあり、って見せつけてきた感じですね。

 で、次はNOCですって!?2年前わたしがハマったあのホールが舞台になっちゃう?これは、再来年class5でワールド観戦&ナンタハラ、オコイ川ダウンリバーツアーを企画するしかないでしょう!!楽しみになってきた~

yararenger さんのコメント...

南極さん、NOCでなにか新しく作るんじゃないかと思われるんですがまだよくわかりません。企画に関しては家族的なほとぼりが冷めてからですかね。今はまだ内緒ですよ。

コメントを投稿

Popular Posts